マカについて 

マカは南米アンデスの高地に住む人々の貴重な栄養源であると同時に、ホルモンバランスや自律神経の働きを整えるため、様々な体の症状の回復によいハーブと言われ、古くから薬を代用するサプリメントとして多くの人々に愛されているようです。


しかし、体によいと言ってもなぜ上に挙げたような症状の改善によいと言われているのか疑問にお思いの人も多いはずです。ホルモン異常・自律神経障害・ダイエットに対するマカの働きに焦点を当ててお伝えしたいと思います。


マカには多くのビタミン、アミノ酸、ミネラルが含まれています。特に注目なのは、マカの体内ホルモン及び自律神経の調整機能です。健康と美しさを保つためには、ホルモンバランスが不可欠です。また、視床下部がホルモンと自律神経の両方の調整機能を担っているので、ホルモンのバランスが乱れると、同時に自律神経の機能も乱れるのです。


ヒト成長ホルモンは、骨や肉、血管などすべての細胞や新陳代謝をコントロールする、人間の生命活動の中でも最も重要なホルモンの1つです。成長ホルモンも女性ホルモンのエストロゲンと同じく脳の中心部・脳下垂体で作られ、分泌されますが、その分泌量は若い人ほど多く、20歳頃をピークに年齢とともに減少していってしまいます。


成長ホルモンの元となるのは、アルギニンという物質で、マカにはこのアルギニンという物質がたいへん多く含まれているわけです。

悪質サイト