女性に手厚い保険

女性特有の病気、中でも乳がんに対して手厚い保険もあります。 乳がんは現在、日本人女性のがん罹患数でトップです。2001年以降は毎年4万人以上が乳がんになっています。比較的治りやすいがんとはいえ「20数人に1人の割合」で発症して患者の「約3割が再発」し、2004年以降は毎年1万人以上が亡くなっているのです。


乳がんは30代前半?60代前半の女性の死因で第1位ですが、70?80代や20代も含めて幅広い年齢層で増えており、定期的な検査や自己チェックによる「早期発見・早期治療」の必要性が叫ばれています。


女性向けの医療保険が登場していますが、女性が医療保険に加入タイミングには注意する事があります。それは、妊娠中に医療保険に加入するのはあまりおススメできません。妊娠している事がわかって医療保険に申し込んでも、加入を断られる事が多いのです。


あえていうなら、結婚を気に加入するのがいかもしれません。出産に関わる病気を保障する女性向け医療保険もありますので、妊娠する前に加入しておくべきでしょう。


たとえ、医療保険への加入が認められても「特定部位不担保」の条件が付けられることが多いです。自分のためだけでなく、結婚して、家族が出来ると家族に迷惑をかけないためにも医療保険に加入しておきたいという人も多いようです。

悪質サイト